法人向け法律サービス知的財産

あなたの会社にとって,「強み」とは何ですか。他社では真似することのできない高度な技術開発力,だれもが心惹かれるデザイン力,長年の努力で培ったブランドイメージなど,それぞれの企業が,かけがえのない「強み」を持っています。しかし,あなたの会社が多くの人材・資金・時間を投じて作り上げた貴重な技術やデザインを,一瞬のうちに他社に盗み取られてしまえば,大打撃となります。また,あなたの会社の商品やサービスが模倣されてしまえば,貴重なブランドイメージを脅かされることになります。技術・デザイン・ブランドといった知的財産は,企業にとって「強み」を守るためのかけがえのない財産です。

①企業には知的財産があふれている

企業活動の中では,日々様々な知的財産が生み出されています。

例えば,あなたの会社で新しい技術を開発した場合,特許や実用新案の登録をすることで,他の人に真似されることなく,独占してその技術を実施することができます。また,新製品にこれまでなかった新しいデザインを取り入れた場合,意匠登録によって,同様に独占して実施することができます。特許・実用新案・意匠を他社に売り込んで,他社との間でライセンス契約を結ぶことによって,実施料(ロイヤリティ)で利益を上げる戦略もあります。

さらに,新しいコンテンツやアプリなどを開発した場合,著作権によって保護されます。また,植物の新たな品種を生み出した場合には,育成者権(種苗法)によって保護されます。

また,企業のブランドイメージにつながる商標も,知的財産の1つです。

このように,企業が日々の活動の中で生み出す様々な知的財産は,法律による保護を受けています。

②不適切なライセンス契約は企業生命を脅かす

自社で生み出した知的財産を他社に売り込む方法として,ライセンス契約を締結する方法があります。例えば,特許を例に挙げれば,特許権者(ライセンサー)は,取引相手(ライセンシー)に対して通常実施権を許諾し,その対価として一定の実施料(ロイヤリティ)を受け取る内容の契約を締結することが考えられます。また,2社がそれぞれ自社特許の実施を相手に許諾することで,それぞれ実施料を無償とするクロスライセンスという方法も,活用されています。

ライセンス契約には様々な形態がありますが,条項を吟味せずに安易に契約を結んでしまうと,後々に企業生命を脅かす重大な不利益を受けてしまうかもしれません。

例えば,特許技術の実施を許諾するライセンス契約を締結する場合に,その技術に関連したノウハウなどの情報を合わせて提供しなければならない場合があります。このような場合に,契約の中で秘密保持に関する明確な取決めをしておかなければ,自社の大切なノウハウが第三者に漏えいしてしまうかもしれません。また,契約期間を定める場合においては,契約終了後には製品を販売できないことや,技術情報を破棄しなければならないことなどを契約内容にきちんと盛り込んでおかなければ,契約終了後にも特許技術が利用され続けてしまうなどのトラブルを招いてしまいます。

このように,ライセンス契約を結ぶ際には,きちんと条項を吟味して,法的トラブルにつながるリスクがないかどうかを見極める必要があります。

「このライセンス契約で大丈夫?」「そもそもライセンス契約の作り方がわからない」というお悩みがあれば,お気軽に当事務所までご相談ください。当事務所の弁護士が,ご希望を懇切丁寧にうかがいながら,ライセンス契約の法的チェックや作成支援を行います。

③知的財産権を侵害されたときは

特許権,商標権,意匠権,著作権など,様々な知的財産権の侵害事案に,当事務所の弁護士が手厚く対応いたします。

例えば,「うちの会社の商品のデザイン(意匠)と似た商品を見つけた」「うちの会社で制作した動画がインターネットで違法配信されている」など,知的財産権の侵害では?という疑問を持たれたときは,すぐに当事務所までご相談ください。

知的財産権の侵害に対しては,初動対応が重要です。そのまま放置してしまえば,またたく間に多数の違法商品が流通し,取り返しのつかない損害を負ってしまうかもしれません。

当事務所の弁護士は,知的財産権侵害のご相談を受けたときは,警告書の送付,差止め請求や損害賠償請求といった法的措置などによって,迅速な解決に向けた活動を行います。

ご相談はこちら